シミ取りクリーム 使い方

シミが発生する原因

シミ取りクリームの効果的な使い方のイメージ画像



世の中の女性の多くは美容に気を使い、中にはシミ取りクリームを日ごろから愛用している方も少なくはないと思います。
しかし、シミ取りクリームは使い方や成分を間違えるとシミが消えるどころか逆にシミが濃くなってしまうこともあるので効果的なやり方が重要です。

そもそもシミが発生する原因のほとんどは紫外線の影響によるもので、肌が紫外線を浴びるとシミのもとであるメラニンをつくるチロシナーゼという酵素が活性化することで、メラノサイトと呼ばれるシミの生産工場にて多量のメラニンが発生します。
そして発生したメラニンが肌の生まれ変わり時期に肌の表面へと押し出されて、やがて垢として体の外に排出されるようになっています。
しかし、そのメラニンが過剰に発生してしまうと、肌の生まれ変わり時期のサイクルが乱れてしまったりメラニンが上手く垢となって体の外へ排出されなくなってしまうので肌にどんどん蓄積されてしまいます。つまり、紫外線によって大量につくられたメラニンが肌に残ってしまったものがシミということです。

そのため紫外線を予防することでシミの発生を予防することができるのですが、生活環境の都合上どうしてもシミを予防できない方も多いはず。
それに肌の生まれ変わり時期は成人の健康的な肌で約28日が理想的で、それより遅くても早くても肌トラブルは起こりやすくなってしまいますが、シミの原因にもこうした肌の生まれ変わり時期の遅れによるものがあり、ピーリング剤などを使って肌の新陳代謝を促進して上げなければシミの改善に繋がりません。

シミ取りクリームの使い方

シミ取りクリームの使い方で重要なのはクリーム選び



シミ取りクリームとはそもそも既に肌にできてしまったシミを除去するものではなく、これからできるであろうシミのもとを抑えるものなので、上記のシミ生成原因を積極的に取り除こうとしなければこれからもシミは発生してしまいます。

シミ取りクリームを使う上でまず重要なのはクリームの選び方です。

製品の評判であったり、使用感であったりも重要なのですが、まず成分として必ず入っていなければならないのが美白有効成分です。
この美白有効成分はプラセンタエキス、コウジ酸、リノール酸S、エナジーシグナルAMP、ビタミンC誘導体などのシミ除去に効果的な成分によって成り立っており、国からその効用が認められている成分です。
しかし、注意点としてこの美白有効成分の種類によっては乾燥や肌刺激を感じる人もいるでしょうから敏感肌の人は使用前にパッチテストを行っておくのがおすすめです。

次に重要なのは数か月間使用が無理なく継続できる価格です。

シミ消しクリームは前述したようにこれからできるシミに対して有効なものですから何度も継続的に使用しなけらば効果は感じられないため、とりあえず高いものを購入して短期間だけ使用するといったことは意味がありません。

実際に使う際には、単純に各社の製品の使い方をよく読んでその通りに実践していくのがベターです。
より効果的な使い方をするのであれば、まず洗顔の後5分以内に使用をすることが挙げられます。
なぜ洗顔後の5分以内に製品を利用するのかというと、肌が乾燥してしまっていては成分が肌の奥深くまで届かなくなってしまうので効き目が薄くなるからです。
特に夏や冬の季節になると、どうしても室内はエアコンをフルに稼働させなければならない場合もありますから、肌が常に乾燥してしまっている状況になっているので注意が必要です。

ハイドロキノンの有効性と注意点

ハイドロキノンと呼ばれる成分を含んだ製品は比較的即効性が期待でき、それに既にできてしまったシミに対しても効用があるのですが、この製品に関しては使い方が非常に重要です。
ハイドロキノン配合の製品をつけた肌は紫外線によるダメージを受けやすい状態になっているので、ハイドロキノンは夜のみの使用に限定しなければなりません。ただし、クリニックによっては1日2回の使用を指示するところもあり、その場合は紫外線の影響を避けなければなりませんから日中は必ず日焼け止め使うことになります。

また、ハイドロキノン配合製品はどんなシミに対しても有効であるわけではないので注意が必要です。
肝斑と呼ばれる顔の左右対称にできるシミや、炎症後色素沈着と呼ばれる皮膚の炎症の部位にできたシミ、老人性色素斑と呼ばれる紫外線の影響によってできるシミ、それから世間でも馴染み深いそばかすに対してのみハイドロキノンは有効的に作用します。

まとめ

以上のように、シミの発生は紫外線によるメラニン生成と肌の生まれ変わり時期のずれによって起こるもので、紫外線予防の美容製品や生活習慣リズムの改善によってシミの原因に対するケアを行った上でシミ取りの製品を使用することになります。
そして、ポイントとしては洗顔によって肌を保湿してからの利用が効果的であり、ハイドロキノン配合の製品の場合は紫外線による影響を考慮して基本的に夜間での使用が必要であるということになります。

 

サイトマップ